びりにゃん

飲食店の開業には何が必要?設備と備品のチェックリスト! Views 23

[この物件の短縮URL]http://osaka.tenpoichiba.net/?p=11673
公開日:2018.02.01 最終更新日:2018.02.01

飲食店を開業するにあたって考えなくてはいけないのが、店内の設備や備品のことです。調理設備だけではなく、空調設備、音響設備、照明・・・と手配するものは山ほどあります。

開業後に「あっ、これがなかった!」ということがないように、事前にチェックしていきましょう。

そこで今回は、飲食店に必要な設備と備品を一緒にチェックしていきましょう。

□ 飲食店に必要な設備と備品

<厨房>
設備:調理台、シンク、冷蔵庫、冷凍庫、コンロ、ガスオーブン、食器棚といった設備
備品:調理器具、調理用品、食器、おしぼり、ふきん、清掃用具、ゴミ箱など

<ホール>
設備:冷暖房設備、防犯設備、音響設備、照明設備、トイレ、電話、パソコン、テーブル・イス、看板・のれん、レジ、金庫など
備品:箸、客席用調味料入れ、ペーパーナプキン、洗剤、除菌用品、会計用伝票、領収書、レジ用ロールペーパー、つり銭トレー、伝票挟み、トイレットペーパーなど

<全体>
テーブルやイス、照明設備、音響設備など

□ 設備や備品の必要要件

これらの設備や備品を手配する際、どのような条件のものにするのか具体的に決めておきましょう。発注してから後悔しないために、必要条件をいくつかピックアップしていきます。

照明・・・100ルクス以上の明るさ
冷蔵庫・・・温度計がついている
シンク・・・2槽以上のもの
手洗い場・・・調理用シンクとは別で設置
換気扇・・・シャッターがついている
窓・・・網戸がついている
トイレ・・・扉が調理場に隣接していない
これらは一例です。開業するお店に合った設備や備品を選びましょう。

□ 必要備品の選び方

飲食店で使用する備品の中で、一番大切なのが食器です。

食事を楽しんでもらうため、食事をより美味しく見せるためにも、食器にはこだわりを持ちましょう。

<用意すべき食器の数>
食器の数量は、使用頻度や用途によって変わってきます。

お客様に出すお冷のコップ、メインメニューのお皿は、客数の2倍弱は必要です。

ラッシュ時でも食器が足らず、お客様に迷惑をかけるということがないために、余裕をもって準備しておきましょう。

収納棚の大きさも考慮して、種類と数量を調整してください。

<開業時はコスパ重視>
北欧風や西海岸風のように飲食店のコンセプトを決めると、それに合った食器を揃えたくなります。

しかし、店舗の開業時はコスパ重視の食器選びをした方がよいでしょう。

というのも、開業時は、サーブに馴れていないスタッフが慌ただしく行き交うことになり、食器の破損率が高いからです。

時期が経つにつれ、徐々にこだわりのある食器に遷移していくといいですね。

店舗の設備や備品は、お客様が快適に店内で時間を過ごすためにもとても大切になります。

開業後にお客様に迷惑をかけないためにも、開業前からチェックリストを作って不備のないようにしましょう。

新規開業についてや
各種ご相談については下記より

フリーダイヤル:0120-1976-18,FAX:078-335-5402

『神戸店舗市場Ex』メンバー登録して貸物件情報や新規開業の際に役に立つ情報を受け取る

投稿者が書いた記事

びりにゃん

投稿者プロフィール

びりにゃん

2017年1月に入社した、大阪担当のびりにゃんです!! とってもハデ好き、どこにいても分かるニャ! 大阪でハデに遊んでるから、会いにきてなー(@^^)/~~~ 待ってるにゃ


ページトップへ戻る