びりにゃん

自分のカフェを開業したいと思ったら?その1 Views 70

[この物件の短縮URL]http://osaka.tenpoichiba.net/?p=11327
公開日:2017.08.02 最終更新日:2017.08.02

自分だけのオリジナルカフェを開業したいと思う方も多いと思います。
私の周りにも、将来の夢を聞くと、「自分たちの趣味をふんだんに盛り込んだ、オリジナルカフェを作りたい」という方が多いです。一時期、カフェの開業がブームになっていて、非常に多くのカフェができました。ブームが下火になった今でも、毎年多くの店ができています。

美味しいコーヒーやケーキ、オシャレなインテリアに囲まれた空間で、常連さんとコーヒーを飲みながら話をするなんて憧れますよね。そこで今回は、カフェを開業するためにはどうすれば良いのかを連載形式でお話させていただきます。

 

1.お店のコンセプト

多くの方は自分の理想のカフェがあると思います。自分自身が一番強く思っていることを更に深く考え、店のコンセプトを考えてみましょう。例えば、自分の趣味を前面に出すのも良いですし、「こんな店があれば良いのにな」といった、今までのカフェを改善したものも良いですね。

ここで重要なのが「どうすればスタバに負けないか」です。大手チェーンのカフェと同じことをしているだけでは、近所にスタバができてしまえば、確実に潰れてしまうでしょう。新規でカフェ開業した内の約50%が1年後に、そして70%が3年後に閉店してしまうというのが現実です。更に、最近は、コンビニで挽き立てのコーヒーや美味しいケーキが安値で買えるので、お客様も舌が肥えています。

仮に、あなたが店を出した後、近所に大手カフェができたとして、「何故、コスパの良い大手ではなく、自分の店に来るのか」を具体的に言えますか。出店するにあたって、周りのカフェはもちろん、最近ではコンビニも非常に強力なライバルとなります。そこと差別化できる具体的なアイデアが無ければ、開業しない方が良いでしょう。

ここで流行りに乗ったり、自分の好みでないのに奇をてらったりする方がいますが、流行り物はすぐに廃れますし、自分の趣味と離れたことをやっていてもボロが出ます。それよりは、自分のやりたい事や趣味に合ったカフェを開業する方が、同じ趣味を持つ方がリピーターになってくれるので長続きしますし、なによりも楽しいでしょう。自分の趣味とはすなわち自分の強みです。自分の趣味を前面に出してこそ、大手チェーンとの差別化ができるのです。

いかがでしたか。今回はお店のコンセプトについてお伝えしました。店のコンセプトで、その店の未来はほとんど決まったようなものです。次回は、金銭面など、より具体的な内容について考えていきます。

新規開業についてや
各種ご相談については下記より

フリーダイヤル:0120-1976-18,FAX:078-335-5402

『神戸店舗市場Ex』メンバー登録して貸物件情報や新規開業の際に役に立つ情報を受け取る

投稿者が書いた記事

びりにゃん

投稿者プロフィール

びりにゃん

2017年1月に入社した、大阪担当のびりにゃんです!! とってもハデ好き、どこにいても分かるニャ! 大阪でハデに遊んでるから、会いにきてなー(@^^)/~~~ 待ってるにゃ


ページトップへ戻る