びりにゃん

カフェの開業は閑散期?繁盛期?適したタイミングを選ぼう! Views 65

[この物件の短縮URL]http://osaka.tenpoichiba.net/?p=11675
公開日:2018.02.06 最終更新日:2018.02.06

「カフェを開業したい!」
「コンセプトはもうばっちり決まっている!」
近年このようにカフェの開業をする方が増えており、街でも様々な種類のカフェに出会えるようになってきました。

しかし、カフェの開業にはコンセプトやイメージだけではなく、タイミングや宣伝も大切になってきます。

そこで今回は、カフェの開業に最適なタイミングと、宣伝の仕方について見ていきましょう。

□ カフェをオープンするタイミング

カフェは飲食店の一つですが、一年中一定の売り上げというわけではありません。

一般的には2月と8月が売り上げの下がる閑散期とされています。

それならば、閑散期に開業して、売り上げを上げようと考えるかもしれません。

しかし、実際は真逆で、カフェのオープンに最適なのは繁盛期なのです。

なぜなら、スターバックスやドトールといった大手チェーン店でない限り、開業を理由に集客することは不可能だからです。

繁盛期にオープンすることで、幸先よくお客様に来店してもらえます。

そうすると自然に口コミなどでお店の評判が広まっていき、繁盛しているお店のイメージを確立できるかもしれません。

どうしても閑散期に開業するのであれば、大きな開業イベントを企画しておくといいかもしれません。そのためには、宣伝広告を上手く行う必要がありますね。

□ カフェの開業前告知

カフェを経営していくことになったら、シーズンや新作商品に応じて告知をする機会が増えることでしょう。

しかし、カフェの開業にあたり一度しか行えない告知があります。それがオープン告知です。

オープン準備をするにあたり、店舗の内装工事を行います。そのため、店舗前には大型トラックや機材が搬入されており、近所の人の注目を集めますよね。

そのタイミングで告知を行うことで、「1度足を運んでみようかな」「気になったので行ってみたい」という感情になるはずです。

チラシを配ったり、ネットでサイトのリンクを載せたりすることで、開業後の集客人数が大きく変わることでしょう。お店の前に、開業前から立て看板を立てておくのもおすすめです。

カフェの開業には多くのプロセスが必要となります。

しかし、お店の経営でいっぱいになって、開業後の集客のための宣伝に手が回らないのでは意味がありません。

開業前から事前に宣伝広告の方法も計画しておくと、作業がスムーズになることでしょう。繁盛期にオープンし、多くのお客様に来店していただけるよう心がけましょう。

新規開業についてや
各種ご相談については下記より

フリーダイヤル:0120-1976-18,FAX:078-335-5402

『神戸店舗市場Ex』メンバー登録して貸物件情報や新規開業の際に役に立つ情報を受け取る

投稿者が書いた記事

びりにゃん

投稿者プロフィール

びりにゃん

2017年1月に入社した、大阪担当のびりにゃんです!! とってもハデ好き、どこにいても分かるニャ! 大阪でハデに遊んでるから、会いにきてなー(@^^)/~~~ 待ってるにゃ


ページトップへ戻る